恋するワーママ(今は育休中)

12月に第一子を出産。育休日記。

別におしゃれじゃないけど、わが家の離乳食 9ヶ月後期篇

おしゃれな離乳食の写真は、インスタを探せばいっぱいあるけれど、実際に3食作っていると、おしゃれに作ったり盛り付けることに対して優先順位は高くできない。そんな私って母親として良いのか?なんてことは思わないけれど、案外リアルな離乳食の写真って見かけないため、ちょっと載せてみる。

 

ある日の夕食。
f:id:kazumy_check:20160927100017j:image

 軟飯

手づかみ食べ用に茹でかぼちゃ

煮物的なもの(鶏むね肉、パプリカ、キャベツ、じゃがいも)

 

ある日の朝食。

f:id:kazumy_check:20160927100030j:image

しらすとほうれん草のまぜ軟飯

手づかみ食べ用の茹でたブロッコリーとかぼちゃ

手づかみ食べ用かぼちゃパンケーキ

 

基本的に素材は全てフリージングして、チンして作っているため、1回あたりは10分かからないくらい。

食材の下処理についてはこの本を参考にした。

1週間ラクラクということで5日分のメニューが載っているけれど、2回食や3回食になっても、1週間では5種のメニューしか載っていない(笑)

さらに、メニューによっては、本当においしいのか?と思うものもあったため、そのまま作るということは少なく、参考程度に。

それでも、食材の大きさや、食べても良い食材などを知るのにはちょうど良かったし、買っておいて良かった。

 

フリージングしていても、時にはベビーフードも活用。

特に外出時は衛生的な懸念もあるから、今のところはベビーフード頼み。

 

手づかみ食べ用の野菜は、その時の気分次第で食べたり食べなかったり。

掴んで、つぶして、床に落として終わる時もあるし、ちょっと食べる時もある。

パンケーキも同様に、ちぎって、少し食べてみて、終わりということの方がまだ多い。

それでも良しになるように、スプーンで食べさせられるものの中に炭水化物と野菜、たんぱく質を入れている。

ちなみに、面倒な時は用意していない。

 

食べる量は100gくらい食べる時もあれば、2,3口の時とムラがあるけれど、それもあまり気にせず、息子が椅子の上に立ち始めて、食べなくなったらご飯は終了にしている。

私だって、お腹いっぱいの時に無理やりご飯を食べるのは嫌だし、きっと息子もそうだろう。

 

私としては、片付けが一番面倒だなと思い、購入したのがお食事マット。

シリコン製で丸められる。

上2か所の裏側に吸盤が付いていて、テーブルに付けたり、洗った後に台所のタイル面に貼り付けて乾かしたりできるのが便利。

手前のポケットについては、食べこぼしをキャッチしてくれるということもあるが、わが家の場合はお食事椅子のお腹側のストッパーで抑えられているため、くしゃっと変形してしまい、あまりキャッチはされない。その分、息子がマットをめくろうとしてもめくれないため、ちょうど良い。

これを使い始めてからテーブルの上を片づけるのはとても楽になった。

ということで、これが特におしゃれでもない、ごく普通の離乳食の様子。