恋するワーママ(今は育休中)

12月に第一子を出産。育休日記。

来週1週間はパパも育休!

明日で我が家のムスコ君は生後1カ月。

1カ月検診を機に、里帰りしている実家から、自宅へ戻ることにしている。

 

私とダンナ君とムスコ君の3人での生活がスタートする。

これまで実家では家事の一切は母に任せ、私はとにかくムスコ君のお世話と自分の体の回復に専念してきた。

明日からは家事も再開する。

初めての育児と家事の両立は不安だらけ。

ということで、ダンナ君も育休を取得することにした。

いや、ダンナ君も育児をしたかったから、というのが本当のところかもしれない。

なんといっても、私よりもムスコ君に会うのを楽しみにしていたから。

 

男性の育休は2回取れる!

これって有名な制度なのだろうか?

私は知らなかったよ。

いつ知ったかというと、プレママ期間中に開催されていた、たまひよのイベントだった。

内閣府が「さんきゅうパパプロジェクト」のブースを出展していたのだ。

さんきゅうパパプロジェクトについて(啓発ツール、イベント等) - 少子化対策 - 内閣府

ここでは主に男性の育児休暇取得の説明や啓発をしていたのだが、私はここで初めて知ったのだった。”男性は育休を2回とることができる!”ということを。

f:id:kazumy_check:20160108115645p:plain

こちら↓

f:id:kazumy_check:20160108115739p:plain

ダンナ君と同じ会社に勤める私は、事前に人事担当の方にもダンナ君の育休取得についても相談をしていた。

が、2回取得できるだなんて言ってなかった。やっぱり、制度は自分で調べて使っていかないといけないらしい。

 

今回、ダンナ君は産後8週以内の取得になる。

もう少しムスコ君が大きくなって、目が離せなくなってきた頃に2回目を取得するのが良さそうかな、と思っている。もしくは私の職場復帰前など。

 

環境が良かったから取れる、パパの育休

さて、ダンナ君の育休って、そんなに簡単に取得できるものなのか?というところだが、ありがたいことに環境に恵まれていた。

ダンナ君はアパレル店の店長をしているのだが、普段から店長がいなくてもお店が運営できるようにスタッフの育成ができているのだ。だから1週間くらいの不在はどうにかなる。

少し前にニュースになっていた国会議員の方の育休取得とは、ここのところがちょっと違う。そう、代わりは居るからね。その名も「店長代行」!

そうそう、国会議員の育休取得は賛否両論あるけれど、どうせ賛否両論なのだから、育休してみたら良いよ!と個人的には思っている。

 

他にもダンナ君の育休取得のタイミングが良かった。

1月~2月は比較的閑散期と言われており、お店の状況も落ち着いているのだ。

これが、繁忙期だったら、さすがに休めない。

もちろん、会社としても、比較的育休取得については理解がある。上司へも事前に相談していたこともあり、取得できることになった。

ダンナ君本人は「本当は1年の育休を取りたいけれど」と言っていたが、実行には移さなかった。

 

来週1週間。

3人の生活に慣れる時間として楽しもう。