1. 仰向けになり、膝を曲げて足の裏を床につけます。
  このとき、足と膝は肩幅くらいにひろげます。

2. 軽く腰を浮かせます。

3. あごをひいて、鼻から息を吸います。
  このとき腹式呼吸(吸ったときにお腹が膨らみ、吐いたときに引っ込む)で呼吸してください。

4. 口からゆっくりと息を吐いていき、限界まで息を吐いたら、鼻をつまんで空気を遮断します。

5. 鼻から強く息を吸う真似をします。
  このとき鼻をつまんでいない方の手を、お腹に乗せておくと、お腹がへこむのがわかります。

6. 鼻をつまんだ手を離して、ゆっくりと呼吸をします。