恋するワーママ(今は育休中)

12月に第一子を出産。育休日記。

産後5日 母乳は出るけど、先端が痛い(泣

出産当日から授乳を開始。

ムスコ君は吸うのがうまいらしく、とにかく良く吸ってくれていた。

 

こんなにすぐに吸ってくれて、良かった~と一安心していたものの、

体重は1日目、2日目と減っていった。

黄疸も強くなってきていた。

新生児黄疸とは

産まれて間もない赤ちゃんは、初めは泣いて全身を真っ赤にしますが次第に落ち着いた肌色になります。生後2~3日経つと肌が黄みを帯びてきます。この黄みは生理的なもので半分以上の乳児が経験します。これを新生児黄疸と呼び、自然と消えていくものです。

新生児黄疸 e-育児

 助産師さんより

「黄疸は黄色人種だったら、赤ちゃんにはよく出るものなのであまり心配しなくて大丈夫ですよ。

でも、念のため血液検査して、数値が高いようだったら保育器に入れて光を当てますね。

それから、ミルクを飲んで排泄を促せば改善するので、一度どれくらい母乳を飲んでいるか計ってみましょう」

ということだった。

 

左右それぞれ10分ずつ吸わせた後、体重を計測。

結果、2g増。

・・・2gって、、、え?20分吸って1円玉2枚分?!

あんなに吸ってくれてるのに、全然飲めてなかったのか!!

そりゃあ、体重減っていくわけだよ。

ごめんよ、ムスコ君。

 

吸っていればある程度飲めていると思っていたのは間違いで、

初産の私の母乳はまだまだ全然飲める状況じゃないだなんて。

衝撃の事実だった。

 

助産師さん「血液検査での黄疸数値は基準内だったので、予防的に粉ミルク3時間ごとに20ml追加していきましょうか。でも、胸が張ってきているので、きっと母乳がこのあと出るようになると思うんですよね。だから、ちょっと大変かもしれないけれど、頻回授乳するようにしてくださいね」

そんなこんなで、だいたい1時間ごとに母乳を欲しがるムスコ君に頻回授乳して、3時間ごとに粉ミルクをあげて、を繰り返すこと4日。

どんどん胸の張りは強くなり、ありがたいことに滴り落ちるように母乳が出てきてくれている。

改めて授乳量を計ってもらったら、12gへ増量!

母の体になっていっているのを実感。

この後もっと母乳が出るようになったら粉ミルクなくしてもOKということだった。

 

とはいえ、1回に飲める量が少ないため授乳回数が多くなり先端がどんどんヒリヒリ。

滴り出る母乳を受け止める母乳パッドを使っているからか、余計にヒリヒリ。。

うーん、痛いよぉ。

 

産後5日にして、血が出たり、切れたりしていないけれど、このままにしておくと良くないのではないかということで、先端のトラブル解消で好評なメデラのピュアレーンを購入。

先端に塗ってみる。何もしていないよりは良さそうだけど、やっぱりまだ痛い。

いつくらいまで痛いんだろうか。。。

もうしばしの我慢かな。