恋するワーママ(今は育休中)

12月に第一子を出産。育休日記。

コウノドリ先生みたいな先生がいました。

ドラマ『コウノドリ』、妊婦の私にとってはとても身近な内容なので、毎週観ています。
コウノドリ先生の、あの安心感と優しさ。素敵ですよね。
初めての妊娠、出産を経験する時に、あんな先生だったら心強いです。
※見逃した!見てみたい!という方はTVerで♪
ドラマで初めてコウノドリ先生を見たとき、あ、あの先生に似てる!と。

とっても幸運なことに、私が行っている産院にとても似ている先生がいるんです。

 
いつも穏やかで、やさしく話しかけてくれて、微笑んでる。そんな先生が。
 
やっと人の形になってきたなぁ、という頃のエコーの時。
「かわいいですねぇ。ほら、元気に動いてますね」と声をかけてくれました。
慣れた感じで言うのではなく、赤ちゃんと私に寄り添ってくれている雰囲気で。
産婦人科に限らず、他の病院でもなかなかこのような雰囲気の先生には出会ったことがありませんでした。
この一言で、とても信頼できる先生だなと思いました。
 
また、こんなこともありました。
28週で切迫早産と言われた時。
とにかく不安になりましたが、いつもと変りなく優しく、穏やかに、
「入院を避けられるように、注射とお薬で37週までがんばりましょう」と話してくれました。
「もちろん万が一の時には入院になるかもしれないけれど、がんばりましょう」と。
 
この時も、当たり前のように、または、事務的に話すのではなく、ちゃんと不安な気持ちを汲み取ってくれるように話してくれました。
不安な気持ちはあったものの、「大丈夫かな」と思うことができました。
もし、他の先生から言われていたら、もっと不安になっていたかもしれません。
 
先生の持つ雰囲気に寄るものかもしれませんが、とにかく安心できるんですよね。
他の先生や助産師さんもとても良い方ばかりの産院ですが、この先生は特に素敵です。
 
ただ今34週。
張り止めの飲み薬も、注射も、あと2週間です。
36週からはいつ産まれても大丈夫ですよ、とのことなので、いよいよです。
 
今日のエコー写真。
f:id:kazumy_check:20151109210853j:image
ほぼ「手」です。
先生が粘って、顔見えるかな?とお腹側から少し揺らしてみてくれたのですが、全然手をどけてくれませんでした。
我が子が顔を見せてくれたのはこれまでの検診中1、2回だけ。
せっかくの4Dエコーですが、なかなか顔は見れないものですね。
 
そうそう、出産入院準備にも必要ということで、産後用に骨盤ベルト買ってみました。
レビューを参考に選んでみましたが、効果はいかほどかしら。