恋するワーママ(今は育休中)

12月に第一子を出産。育休日記。

そういえばの話。新生児期の鼻づまり対応。わが家の場合。

新生児の頃って、どうしてあんなに鼻づまりになってしまうのだろうか。

息子が12月生まれで冬だったからかもしれないし、鼻の穴もまだ小さいから、吸い込んでしまった埃と鼻水が混ざり鼻くそになっても外に出にくいからなのか、原因はよく分からなかったけれど、とにかくよく鼻がつまり、苦しそうだった。

 

部屋の湿度を上げたら良くなるかな?と思い加湿器をつけてもダメ。

鼻の周りを温めたら通りが良くなるかなと思って、お湯で温めたタオルを乗せてもダメ。

見えているのにつまみ出せない鼻くそたち。

 

沐浴をさせると、たまぁに取れることもあったけれど、それでもダメなときにやったことは、、、

 

母乳点鼻。

 

良いのか悪いのかは分からないけれど、とりあえず体液だし、痛くはないかなという想像のもと、やっていた。

母乳をほんの少し点鼻して、小鼻を少しくしゅくしゅしてあげると、鼻くそがふやけて外に出やすくなったり、くしゃみを誘発して出てきたり。

もしかすると鼻吸い器やピンセットでとってあげれば良かったのかもしれないけれど、なんだか怖くて使えなかった。

他に何か良い方法はあったのだろうか。

 

9ヶ月の今では鼻くそで鼻がつまることはなくなった。たまぁにピロピロと見えるやつもいるが、つまみ出せるので大丈夫。

鼻水で詰まった時は、電動鼻吸い器でジュジュジュっと。

ちなみにこれはとてつもなく嫌がっているけれど、きっといつかは慣れるだろうと思い頑張っている。

 

新生児期の鼻づまり対応は、他に何か良い方法はあったのだろうか。

別におしゃれじゃないけど、わが家の離乳食 9ヶ月後期篇

おしゃれな離乳食の写真は、インスタを探せばいっぱいあるけれど、実際に3食作っていると、おしゃれに作ったり盛り付けることに対して優先順位は高くできない。そんな私って母親として良いのか?なんてことは思わないけれど、案外リアルな離乳食の写真って見かけないため、ちょっと載せてみる。

 

ある日の夕食。
f:id:kazumy_check:20160927100017j:image

 軟飯

手づかみ食べ用に茹でかぼちゃ

煮物的なもの(鶏むね肉、パプリカ、キャベツ、じゃがいも)

 

ある日の朝食。

f:id:kazumy_check:20160927100030j:image

しらすとほうれん草のまぜ軟飯

手づかみ食べ用の茹でたブロッコリーとかぼちゃ

手づかみ食べ用かぼちゃパンケーキ

 

基本的に素材は全てフリージングして、チンして作っているため、1回あたりは10分かからないくらい。

食材の下処理についてはこの本を参考にした。

1週間ラクラクということで5日分のメニューが載っているけれど、2回食や3回食になっても、1週間では5種のメニューしか載っていない(笑)

さらに、メニューによっては、本当においしいのか?と思うものもあったため、そのまま作るということは少なく、参考程度に。

それでも、食材の大きさや、食べても良い食材などを知るのにはちょうど良かったし、買っておいて良かった。

 

フリージングしていても、時にはベビーフードも活用。

特に外出時は衛生的な懸念もあるから、今のところはベビーフード頼み。

 

手づかみ食べ用の野菜は、その時の気分次第で食べたり食べなかったり。

掴んで、つぶして、床に落として終わる時もあるし、ちょっと食べる時もある。

パンケーキも同様に、ちぎって、少し食べてみて、終わりということの方がまだ多い。

それでも良しになるように、スプーンで食べさせられるものの中に炭水化物と野菜、たんぱく質を入れている。

ちなみに、面倒な時は用意していない。

 

食べる量は100gくらい食べる時もあれば、2,3口の時とムラがあるけれど、それもあまり気にせず、息子が椅子の上に立ち始めて、食べなくなったらご飯は終了にしている。

私だって、お腹いっぱいの時に無理やりご飯を食べるのは嫌だし、きっと息子もそうだろう。

 

私としては、片付けが一番面倒だなと思い、購入したのがお食事マット。

シリコン製で丸められる。

上2か所の裏側に吸盤が付いていて、テーブルに付けたり、洗った後に台所のタイル面に貼り付けて乾かしたりできるのが便利。

手前のポケットについては、食べこぼしをキャッチしてくれるということもあるが、わが家の場合はお食事椅子のお腹側のストッパーで抑えられているため、くしゃっと変形してしまい、あまりキャッチはされない。その分、息子がマットをめくろうとしてもめくれないため、ちょうど良い。

これを使い始めてからテーブルの上を片づけるのはとても楽になった。

ということで、これが特におしゃれでもない、ごく普通の離乳食の様子。

東急ストアのネットスーパーを使ってみた

昨日までの雨、雨、雨。

冷蔵庫の食材も底をつき始めたものの、少し風邪気味の息子を抱っこして、傘をさしてスーパーに買い物に行くのはちょっと辛い、ということで初めてネットスーパーを使ってみた。

 

イオン、SEIYU、ヨーカドー、ライフ、東急ストアなど、ネットスーパーって色々ある。

送料もそんなに変わらないしなぁと悩んだ結果、やっぱり実店舗に行ったことがあるところで注文をしようと思い、ライフと東急ストアで配達区域を見てみると、残念ながらライフは配達区域から外れていてNG。結果的に東急ストアで注文をしてみることにした。

東急カード支払いならポイントも貯まるし、3900円以上購入で送料も無料になる。

 

野菜、鮮魚、肉類のほか、缶詰や調味料も選んでいった。

値段は実店舗と同じかな。

PB商品はもちろん価格が抑えられている。ただし野菜や魚については実店舗同様に少し高いなぁと思い、お得な価格のものだけ購入。

鮮魚についてはわたぬきや三枚おろしなどの調理もお願いできるようだが、今回はお願いせず。

 

当日配送の注文時間は過ぎてしまっていたため、翌日の17時半~19時配達で依頼をした。

 

配達当日は18時くらいに届けてくれた。

留め置きはできないため、もしも不在の時には再配達を依頼することになり、もし万が一当日の再配達ができなかった場合は冷凍食品や生鮮食品があった場合は500円のキャンセル料がかかる。

そこのところは少し不便かもしれない。

 

食材は冷蔵物、常温物と分けて袋に入れられてきた。

魚や肉はポリ袋に丁寧に入っていた。

自分で袋詰めするよりキレイだ。

 

食材の鮮度は良かった。

さんまは目も透き通っているし、口も黄色のままだった。

ほかにも鶏肉や秋鮭などを頼んだが、ドリップもなく新鮮。

しっかり選んでくれているみたいで安心した。

 

さて、今後もリピートするかどうかだが、ネットスーパー自体は使うだろう。

玄関まで届けてくれるのは本当にラクだ。

子どもを抱っこして、背中にはリュック。両手に買い物袋を提げて、家への急な坂道を登るのはちょっとしたトレーニングみたいだと思っていたのが、これで解消される。

週に1度ネットスーパーで買い物をして、あとは実店舗で買い忘れたものをちょこちょこ買えば良さそうだということも分かった。

だが、東急ストアだと、やっぱりちょっと高い気がする(苦笑

とりあえず、また別のスーパーも試してみよう。

あとは、生協(パルシステム)を試すか、というところ。

実家では昔からパルシステムで食材を買っているのだが、 改めて無着色の明太子や、もずく酢を食べてみておいしかったということと、アプリで注文できるということが良い。

 

4月からの仕事復帰(予定)に向けて少しずつ使えるサービスを増やしていこう。

 

東急ストアネットスーパー

9か月の寝かしつけ事情。とりあえずの寝たふり作戦。

先日の発熱はやはり突発性発疹だった。

一般的に言われる、機嫌が悪くなるということはなく、ずっと機嫌が良いまま過ごしてくれて、とてもラクちん。

細かいことは気にしないという性格なのだろうか。

但し、食欲はだいぶ落ちてしまった。

病気とは関係なく飲み込むのも下手なのか、うどんやマカロニ類はむせてしまい、結局全て吐いてしまって、食べなかったりする。

そんなこんなでまだ2回食のまま。

今回の突発が治り、食欲が戻ってから3回食にしようかな。

 

最近の寝かしつけで新たに使えるようになったのが、寝たふり作戦だ。

目をこすり眠くなってきたなと思うタイミングで、寝室へ移動。

授乳して寝落ちすることも多いが、そうでないことも増えてきた。

かといって、抱っこも嫌、バランスボールでゆらゆらも嫌、という様子。

そしてやってみたのが、息子をベビーベッドに寝かせ、私は隣のベッドで寝たふり。

起きてつかまり立ちをしてもそのまま寝たふり。

するとマットレスに顔をこすり付けたり、コロコロと寝返りをうったりするように。

そのまま寝落ちることもあれば、もう一度授乳をせがまれることもある。

それでも、再度授乳をすれば寝落ちることがほとんど。

生まれたばかりの、抱っこしていなければ寝なかった時期や、背中スイッチが敏感に作動していた頃を思うと、今はなんて簡単な寝かしつけなんだろうか。

本当に助かる。

とは言え、夜中の授乳は続いたまま。

ほぼ3時間おきに起きるのが辛くなってきた。

でも、私の胸の状態もまだまだ張るから、夜間断乳はできないだろうな。

突発性発疹になったみたい

一昨日の夕方から食欲が無く、水と母乳ばかり飲んでいるなぁ、もしかして離乳食を食べないという時期になったか??と思っていた。

寝る前に授乳していると、なんだかいつもよりも息子の体温が高い気がするけれど、ちょっと室温が高いからかなぁ、と思っていた。

 

昨日の朝もやっぱりまだ体が熱いと思い、ここで初めて体温を測ってみた。

37.8度

ありゃ、熱があったのね。

でも、既にお昼になっていて、近所の小児科は診察時間を過ぎているし、息子もいたって元気にしている。

ということで、そのまま当初の予定通り梨狩りへ行ってしまった。

息子よ、ごめん。

今思えば、ちょっとひどい父と母。

 

そして今朝。

熱は37度になった。

顔と腕に一ヶ所ずつ蚊に刺された痕が出ていた。

昨日の梨狩りで刺されたかぁ、、、と。

 

朝ごはんの後、少しすると全身に細かい発疹が。

もしかして、食物アレルギーか?

疑ってみたものの、ほんの数口だけ食べた朝食には初めて食べるものはひとつもなかった。

私が食べた卵かけご飯が原因かと考えてみたものの、これまでも私は食べていたし、それで授乳もしていたからきっと違う。

もしや、風疹とかはしかか?と思い、症状を見比べてみるものの、なんか違う。

だったら、汗疹とか??

いや、これまで見た汗疹とは違うし、痒そうでもない。

そして、ようやく思い出したのは突発性発疹だった。

熱は38度くらいまでしか上がらなかっただろうし、今のところ機嫌も悪くなってないけれど、たぶんそうだと思われる。

 

明日念のため病院へ行って診断をしてもらおう。

今後は、体が熱いと思ったら、すぐに体温を測ろうと思う。

マタニティ服にピッタリなGUをセレクトしてみた。

マタニティの時期は本当にどんどん体形も変わるし、出産後に着まわせないものも多い。

だからこそ便利なプチプラ服。

去年のマタニティ期は、GUばっかりだった。

出産したら、今度は子どもと一緒にいるから汚れやすかったり、ということで結局GUやユニクロは活用中。

そんな中で、あ、これならマタニティ服にもなりそうだなというものがあったためセレクトしてみた。

 

トレンド大本命のプリーツスカート

f:id:kazumy_check:20160908133202p:plain

この秋注目のアイテム、プリーツスカートが良さそう。

ウェストがゴムだからラクちん。

お腹の丸みが少し強調されるけれど、それもマタニティ期だからこそ良かったりもする。

ミドル丈とマキシ丈、素材感もいろいろだから使えそうなアイテム。

 

ちなみに、ベビ連れママにも良い。

私は授乳の時にあぐらをかいたり、ということでマキシ丈を購入。

ひとつ難点は、ポケットが付いていない!

スマホやハンカチなど、赤ちゃん広場的なところで遊ぶ時にはちょっと不便かもしれない。

www.gu-japan.com

もはや定番。スウェットイージーパンツ

f:id:kazumy_check:20160908133925p:plain

去年もあったものだが、このスウェットパンツにはよくお世話になった。

ウェストはもちろんゴムで穿きやすい。

デニムライクな見た目だからこそ、コーディネートしやすい。

厚すぎない生地感だから動きやすかったし、少し暑い日でも穿きやすかった。

www.uniqlo.com

ラクさ一番は、ワンピース!

 

f:id:kazumy_check:20160908135253p:plain

去年、一番お腹が大きかったのが11月~12月だったため、ニットワンピをよく着ていた。サクッと着られるし、温かいし、動きやすい。そんな理由からヘビロテだった。

下半身はタイツやスキニーパンツで暖かく。

トップスのインナーをシャツやカットソーなど変化をつければ、着回し易かったのも良かったポイント。

ワンシーズンで毛玉ができちゃうけれど、まぁ、そこは目をつぶろう。

www.uniqlo.com

ちょっと面倒だけど、オールインワンもアリ

f:id:kazumy_check:20160908134642p:plain

はっきり言ってしまうと、オールインワンはトイレが面倒。

でも、マタニティ期のマンネリしがちなコーデの中では新鮮さを与えてくれるということで使えた。

特にストレッチ性のある素材だと、着心地も良い。

ということで、たまに登場していた。

でも、トイレに行く度に、どうして今日はオールインワンにしてしまったのだろう、とちょっと後悔した。

www.uniqlo.com

 

私の場合は、妊婦健診に行くときには上下セパレートで行っていた。

なぜならば、お腹のエコーをするときなど、ワンピースで行ってしまうと下半身丸出しになってしまうからだ。

それから、切迫早産だったため、毎週お尻に筋肉注射を打っていたこともあり、その時にもやっぱりセパレートの方が都合が良かった。

ワンピースでお尻を出して注射って、、、

想像すると、ちょっとマヌケ。

 

あぁ、妊婦期が懐かしい。

9ヶ月の遊び。箱入り息子になりました。

台風が無事に熱帯低気圧に変わったものの、なんとなく雲行きが怪しいので、家遊び。

先日、子育て支援センターに行くと、段ボールで作られたネコバスや、電車を発見した。

あ、これならできるぞ、と思い、先日LOHACOで買い物をした時に送られてきた段ボールで作ってみた。

材料は、段ボール、麻ひも、布テープ。

実は、この布テープがポイント。

なぜならば、息子は段ボールをカミカミするのが大好きだからだ。

噛んでいるだけならば問題ないのだが、よだれでべろべろにした後、しっかりと生えた下の歯で食いちぎり、食べてしまう。

布テープを貼れば、段ボールが食いちぎられることもなく、安心。

我が家では、箱買いした飲み物のストックのフチも布テープで補強している。

 

そして完成した箱入り息子。

箱の中で立ったり、しゃがんだり。

大人が紐を引っ張って乗り物ごっこなど、なかなか楽しそう。

もう少し大きくなったら、自分で箱にお絵かきしても楽しそうだ。

f:id:kazumy_check:20160908130913j:plain